旅する夫婦ゴロージが発信する
オモシロくてためになる(かもしれない)世界情報!

2014年11月29日

世界の裏側で売られている日本のバイクを見て思ったこと

ブラジルを旅してた時、数軒のバイク屋さんに行ってみた。
その時、ラッキーなことに
現地のお店の人から色んな話を聞くことができた。😃

まずはヤマハのお店で聞いた話。
IMGP5030.JPG
日本のバイクは素晴らしい!
かっこいいし、壊れない。燃費もいい。
でもブラジルで売られているヤマハバイクの多くは
輸入車だから、値段が高いのがネックなんだよ…

聞くところによると、
ブラジルでは外国製の車やバイクにはとんでもなく関税がかかるらしい。
IMGP5032.JPG
もし50万円の日本製の輸入車をブラジルで買おうとすると、
100万円くらいになっちまうそうな。💧
ブラジル国内の産業を守る為に高い関税を設定してるんだろうけど、
日本のバイクを買いたい人にしてみたらちょっとそれはキツイよね。😵

ヤマハはブラジルに工場があるみたいだけど、
ホンダの方が先にブラジルに進出し工場も作ってたらしい。
だからヤマハよりホンダの方が
車種のラインナップや生産台数の面で一歩リードしてるみたい。


お次はスズキのお店での話。
このお店には40数年前に販売された
スズキの名車GT750が置いてあった。
IMGP5008.JPG
店のオヤジは自慢げに言ってきた。
ほらほら、これすごいだろ〜?
ここまでいい状態のGT750は世界中探したってそんなにないぜ〜!

確かにこれは凄い。
こんなにきれいなGT750をオレは見たことないよ。
マジでビックリだ❗

そして、隣のバイクを見たオレは再び驚いた。
あれ?こっちにも凄いのがある!
ホンダのCB750じゃん‼
IMGP5013.JPG
店のオヤジはニヤリとし、話を続けた。
兄ちゃんわかってるな!
このCBもなかなかだろ?

でも、スズキのお店にホンダがあっていいの?

そしたら店のオヤジはこう言った。
いいんだよ。いいモノはいいんだよ。
何年経とうがちゃんと走るしね。いいモノはいいんだ。

オヤジ!説明になってないよ〜と思ったけど、
彼の言ってる事はなんとな〜くわかる気がした。(。・_・。)


今度はホンダのお店での話。
IMGP5060.JPG
さっき少し書いたけど、ここブラジルにはホンダの工場がある。
ホンダは1970年代からブラジルに進出してきてたらしく、
ブラジル国内でのホンダバイクの人気と認知度はダントツだそうだ。⤴

ブラジル向けのバイクをブラジル国内で生産し、
コストを下げ、ブラジル人のニーズに応える。
これはとっても大事なことだ。💡

これはブラジルホンダが販売してたワールドカップ限定モデルのバイク。
IMGP5035.JPG

もちろんMADE IN BRAZILだ。✨
IMGP5038.JPG
ブラジルのホンダの店で売られているバイクは、
ほとんどがブラジルで生産されたモデルだった。
ヤマハと比べる車種の豊富さは段違いで、これには正直驚いた。w(゚0 ゚)w

日本では売られてないようなモデルも多く、
完全にブラジルの市場を意識した事業展開なんだな〜と思った。
海外に進出してる企業なら、そんなのは当たり前なんだろうけど。

しかしオレが思うに、
この当たり前のことができてない日本企業が多い気がする。
特に、最近の韓国や中国の企業の外国に対する売り込みかたはスゴい。

例えば…
韓国の企業も海外に工場や販売拠点を作り、
コストを抑え現地のニーズに応えようと努力している。

中国企業の場合は、恐らく海外で工場を持たなくても
コストの面では十分に対抗できるだろう。
ゆえに、他の国の企業が真似できない
安価な製品を武器にして世界中に売り込んでいる。

世界中の多くの人々は、
中国製品は安いが品質では日本製品のほうが上だと思っている。
しかし、例え品質では劣っていると理解していても、
価格的にそれしか買えない人も多いのも事実だ。

また韓国製品に関しては、
安さだけではなく高性能をウリにしてるものもあり、
世界には自らすすんで韓国製品を選ぶユーザーも多くいる。

このように、オレが見た限りでは世界の多くの国で
韓国や中国の製品が物凄い勢いでシェアを伸ばしてる。

韓国&中国製品に対抗するには、価格を抑えつつ
それぞれの国のニーズに対応するのはもちろんのこと、
ダントツに素晴らしいモノを作る必要があるだろう。
以前の日本企業がやってきたように。

さらに、日本企業は今後経済が伸びていくであろう
中南米やアジア、アフリカ辺りに売り込んでいくべきではなかろうか。

そうしなければ日本企業はいつの日か、
いや、近い将来存続の危機にさらされるかもしれない。

例えば現在のブラジルのホンダのように、
その国では絶対的な力を持っている企業があったとしても、
今まで以上のことをやり続けなければ
韓国や中国の企業の勢いに飲まれかねない。

なかなか大変なことだとは思うが、
日本の力を持ってすれば不可能ではないはずだ。

頑張れ日本!👊

現在、ランキング2位です!応援ありがとうございます!
ここを↓カチッとクリック、よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

旅する夫婦・ゴロージの旅日記

ゴロージの食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | 車・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。