旅する夫婦ゴロージが発信する
オモシロくてためになる(かもしれない)世界情報!

2014年01月20日

恐るべし!アルメニアの金細工職人の超絶技巧!!

イランの古都エスファハーンIsfahanには、
ヴァーンク教会Vank Cathedralという
アルメニア正教の教会がある。ひらめき
IMGP7311.jpg
そこは素晴らしいフレスコ画やタイルがあることで知られている。
IMGP7291.JPG
それらは、さすがイラン最大のアルメニア正教の教会!っていう感じで、
ここを見た誰もが「ほ〜〜」とか「わ〜」って思うんじゃないかな。

でも、キリスト教とか芸術にあんまり興味がない人や、
逆にこれまで沢山こういう物を見てきた人の中には、
「ふーん、それで?」っていう感じになってしまうかもしれない。

だがしかし!この教会の隣にある博物館には、老若男女、
そしてどんな趣味の人でもおお〜って言わせるであろう
とんでもない物があるのだ!(前置き長いな...)

それはこの顕微鏡を使わないと見れない。目
IMGP7299.jpg
顕微鏡で何を見るかって言うと...

何と髪の毛!
IMGP7300.jpg
おいおい、写真に撮ったって見えね〜って!ヾ(-_-*)

顕微鏡を覗くと...
IMGP7298.jpg
なんとビックリ!
髪の毛に文字が書いてあるのだ〜〜〜〜爆弾

一本の毛髪に書かれた文字はアルメニア文字で
しかも聖書の一説が記されているんだそうな。
髪の毛の細さは0.1mmで、
その1/20の細さのペン(?)で文字が書かれてるんだって!

一体どうやって書くんだexclamation&question
不思議すぎるexclamation×2

これを書いたのはアルメニア人の金細工職人なんだそうで、
エスファハーンのアルメニア人地区には
こういうスゴい技術を持ってる人達がいたらしい...

彼らの桁違いな技術力を示すものが教会にはもう一つある。
世界最小サイズの聖書。手(チョキ)
IMGP7294.JPG
赤い矢印は余裕で1cm以下!
重さは0.7gで、しかも14ページの本になってる!!
当然、中には超ちっちゃい字がぎっしり!!!

すげーなアルメニア人!w(゚0 ゚)w
もう何も言うことはありません。
是非ホンモノを自分の目で見てみてほしい。
ただそれだけです。
絶対に驚きます。保証します!!(笑)


皆さんのおかげでランキングが2位になりました!
ここを↓クリックでさらなる応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | おすすめスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。