旅する夫婦ゴロージが発信する
オモシロくてためになる(かもしれない)世界情報!

2020年06月25日

C大学やR大学の教壇で話したこと

オレたち夫婦には、世界中にたくさんの友達がいる。

色んな国籍、色んな職業、
年齢もちびっ子からおじいちゃんおばあちゃんまで、
本当に様々。

そしてそれは日本国内の友達にも言える。
イタリア、スペイン、インド、スリランカ、
トルコ、ネパール、アメリカ、韓国、etc...
色んな国籍の友達がいる。

ちなみにイルマさんもその内の一人。
IMGP3522.JPG
彼女はかれこれ30年以上も日本に住んでる
日本語がペラペラのメキシコ人女性。

彼女とは偶然スカイツリーで知り合って、
そこから一緒にご飯食べたりして仲良くなった。

イルマからメキシコ料理を教わったりもした。
彼女はめっちゃ料理が上手で
そこら辺のメキシコ料理屋には負けない腕を持ってる。

ところで...
最初オレたちは、
彼女がそんなに長く日本に住んでて
日本語が上手なんて全く知らなかった。

だからイルマさんとオレたちはスペイン語で話してた。
理由は、メキシコってスペイン語の国だから。

そんなイルマさんが、
ある日こんなことをオレに言ったんだ。



イルマさん:ナオさん(オレのことね)は、
スペイン語を勉強したことないのによく喋るよね。
間違うことを恐れずに、本当によく喋る。
それってとっても素晴らしいこと。
もし良かったら、私がスペイン語を教えてる大学で
学生達に話をしてくれない???

オレ:へ?大学???
イルマさんってスペイン語の先生なの?

イルマさん:そうよ?あれ?言ってなかったっけ?
私は日本の大学でスペイン語を教えてるの。
ナオさんはスペイン語とイタリア語が
時々ごちゃ混ぜになるけど、何しろ話そうとするじゃない?
私はそういう姿勢が言語の習得にはとても大事だと思ってて、
だから、ナオさんがどうやってスペイン語を
喋れるようになったのかを学生達に話をしてほしいの。

オレ:マジで?
オレなんかの話でよければいくらでも!



いや〜本当にビックリしたよね。
こんな感じで、イルマさんが教えてる大学で
話をすることになっちゃった。

スペイン語を勉強したことないオレが、
どうやったって入試を突破できないような
超有名なR大学やC大学の教壇に立ち、
どうやったらスペイン語を話せるようになるかを
講義する日が来るなんてね。

人生、どこでどんな風に物事が進むかなんて
誰にもわからない。
61331490_2496961930316661_1133343287030054912_o.jpg
オレがR大学でこんな風に学生に話をするなんて、
誰が予想できただろう?

こちらはC大学。
44868756_2179407832072074_3008270758557253632_o.jpg
当たり前だが、部外者は入っちゃいけない。
でも、大丈夫!!(笑)

C大学の学生もR大学の学生も、
偏差値ってやつは多分オレよりはるかに上だろう。
テストだったら多分(もとい、絶対に)、彼らには勝てない。

だけどイルマさんは、
一般的に難関大学と呼ばれるとこに通う学生達に対し、
間違えることを恐れずに話すことの重要性を伝えたいから
きっとオレに声をかけたんだろうな。

オレがそれらの大学で話をした時、
おそらくそこにいた多くの学生は
オレよりもはるかにスペイン語の文法を理解し、
当然ながら語彙の量も多かっただろう。

でもスペイン語をあんまり話さない。
正確には「話せるのに話そうとしない」だろうか。

それって勿体無いよね。
スペイン語を話すためのボキャブラリーや
文法はそれなりに理解しているのに、
失敗を恐れて話さないなんてさ。

だけどその問題は、
R大学やC大学の学生だけに当てはまる話ではないし、
スペイン語に限らず、英語とか他の言語も同じだ。

話せるのに話そうとしない人がめちゃくちゃ多い。

理由は簡単。
失敗が怖い、間違うのが恥ずかしい、
伝わらないのが心配等々...

言語ってやつはただのコミュニケーションツールなのに、
コミュニケーションをとることに恐れていたら
何も始まらない。

だから、外国語に興味がある人が
その言語を話すそうとしないことは、
実に勿体無いと心底思う。

イルマさんが言ったとおり、
オレは間違いを恐れずに外国語で会話をする。
でも恐怖心とか羞恥心がないわけじゃない。

一応オレも普通の人間なんで、
人並みにそういうのはある。

だけどきっと、
失敗から学ぶことがあるということを
これまでしてきた多くの失敗から学んできたがゆえに、
失敗をする恐怖心よりも
失敗の先にある何かに期待してるんだと思う。

言い換えると、
何もしなけりゃ失敗もしないけど
学べることが少ないって確信してる。

そういうことが伝わったらいいな〜と思いながら
学生達に話をした。

言語の習得の近道は、とりあえず話してみること。
失敗したっていいじゃん?!
とりあえず喋ってみようぜ!!
続けていれば、きっとどうにかなるよ!!!








ランキングが今2位です!ありがとうございます!!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!

posted by なおのぶ at 11:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

パスタはブロンズダイスに限る!

オレたち食いしんぼう夫婦は、
家でよくパスタを食べる。

イタリア料理が好きというのもあるけど、
どこかのお店で金出して食べるよりも
ウチで食った方が断然美味くて
沢山食べれるというのが主な理由かな。(笑)

それはともかく、オレたちは本当にしょっちゅう
パスタを作って食べるんだけど、
その中でオレたち的に常識だと思ってたことが
意外と一般的に知られてないことに最近気づいたんだよね。


それはブロンズダイス製法で作られたパスタを使うこと


ブロンズダイスのパスタ?何それ?
初めて聞いた!っていう人もいれば
そうじゃない人も当然いる。

でも、今回はブロンズダイスのパスタを
知らない人のためにちょっとだけ説明したい。

パスタにはいろんな種類があるのは
みんなが知ってると思う。

スパゲッティ、ペンネ、リガトーニ、
タリアテッレ、リングイネ、フジッリ等など。
形が思い浮かばなくても、
名前だけは聞いたことある!って人はいるんじゃないかな。

皆さんご存知の通り、
パスタにはいろんな形がある。

さっき挙げたスパゲッティやペンネっていうのはパスタの名前。
形がそれぞれ異なるパスタだから、
各々別の名前がついてるわけだ。

じゃあブロンズダイスって何やねん?!っていうと、
それはパスタを成形する金属の素材がブロンズでできてるから
パスタの表面がザラザラした感じになってるタイプ。

日本で売られているパスタの多くは表面がツルッとした
テフロンダイスのパスタで、
これはブロンズダイスのパスタとは全然違うんだ。

テフロンダイスのパスタは表面がツルツルしてる。
これに対しブロンズダイスのパスタは
見るからに表面がザラザラしてるよね。
IMGP3515.jpg
色が白く見えるのはパスタの表面に
細かな凹凸があるからだ。

こちらもブロンズダイス製法で作られたパスタ。
名前は忘れちゃった。(笑)
IMGP0136.jpg
パスタの材料であるデュラム小麦は色が黄色っぽいので
どんなパスタも基本は黄色っぽい色になるわけだ。
でも、ブロンズダイスのパスタは表面に凹凸があるから
黄色等よりはクリーム色というか淡い黄色に見えるんだよね。

本当は両方のタイプの写真を載せりゃいいんだけど、
うちにはテフロンダイスのパスタがないから
写真がないんだよ〜〜〜

だからスーパーとか自宅にあるパスタと見比べてみてね!

それでは表面がザラザラのパスタとツルツルのパスタでは
何が違うのかということを解説したい。

表面がザラザラのパスタはその小さな凹凸に
パスタソースがよく絡むんだよね。
逆にツルツルのパスタは絡まない。

だからザラザラのできるブロンズダイスのパスタの方が
美味しくなるわけだ。

ちなみにこれはオレが先日作ったジェノベーゼ。
IMGP3885.jpg
ウチで育てたバジルの葉っぱをしこたま使って
ペーストを作ってるからそれだけで美味いんだが、
ブロンズダイスのパスタだとペーストがよく絡んで
さらに美味しさがアップするんだよね〜

ほんとだよ〜
IMGP3887.jpg
是非、やってみて!!

では、どうやって
ブロンズダイスのパスタなのかを見分けるのか?というと...
まずはパスタの袋を見る。
IMGP2485.jpg
外からパスタの状態を見れればそれでわかるし、
もしくは表記からも読み取れる。

こんな感じ。
IMGP2483.jpg
Trafilata bronzoって書いてあるよね?!

パスタの袋をよく見ると、
どこかにBRONZOとかブロンズっぽい単語が書いてあれば
恐らくそれはブロンズダイスのパスタ。

日本の会社のパスタはほぼ100%テフロンダイスだし、
日本のスーパーで売ってるものでも
バリラ(イタリアの有名なパスタメーカー)とかは
同じくテフロンダイスだ。

ちなみに、
ペペロンチーノみたいなオイル系の味付けだったら
その差は少ないかもしれない。

でもトマトソースみたいなタイプだったら絶対に
ブロンズダイスのパスタで作った方が美味しい。

騙されたと思って一度やってみて
全然ソースの絡み方が違うから

美味しいパスタを作りたい!食べたい!という方は
メールフォームからメッセージを送ってください。
料理教室のご案内を送らせて頂きます!!




P.S.
個人的なオススメは、
RUMMO(ルンモ)というイタリアの会社のパスタ。
何しろダントツに美味い。
でもこれは中々日本では売ってない。
売ってたとしたらめっちゃ高い。
だけど、食べたら納得するよ!!!

ルンモの話はこちらをクリック!
↓↓↓







ランキングがあと少しで2位です!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 

posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | 食べ物の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

生命力ってすごい!

先日、料理してる時、長ネギを切った。
IMGP6349.JPG
まずは普通に青い部分を切り落とした。

そして中華風のスープを作った。
IMGP6350.JPG
まぁこれもなんてことない、普通のこと。

ところがこの青ネギに、
オレはめっちゃビックリさせられたんだよね。

実はオレ、料理をしてる途中で
どうしても別のことをやらなくちゃいけないことに気づき
ネギを切ってるところで一旦料理を中断したんだ。

そして30分ぐらいして台所に戻り、
切りかけの長ネギを見たら...!!!!

このたった30分ぐらいの間に、
ニョキッと長ネギが伸びてた!!
IMGP6354.JPG
ほんの少しだけど、しっかり伸びてる!

長ネギの生命力ってすごいな!!
IMGP6355.JPG
こいつらもしっかり生きてるんだなぁ〜
ちょっと感動。
でも食べちゃうけどね。(笑)

野菜も人間も生物だ。
生命力があるから生きている。

ちょっと違うかもしれないけど、
冷凍食品とかカップラーメンとかが体に良くなくて、
新鮮な野菜や肉を食ってる方が健康になれるのは
その食材に生命力があるからなんだろうな〜と思う。

もちろん、新鮮な野菜や肉を食べてても、
偏った食事や、調味料を使い過ぎたり、
やたら大量に食べ過ぎるのは良くないよ。

でも新鮮なものを食べるということは
ビタミンとかミネラルが〇〇ミリグラム入ってるとかを
超えた何かがある気がするな。

どうかな?



ランキングがあと少しで2位です!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | 食べ物の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

頑張ろう

今、世界はとてつもなく大きな問題に直面している。

国や地域、
年齢、職種、立場、状況、
人それぞれだけど、世界中の多くの人々が
とんでもない大問題と戦っているのは間違いない。

大変なのは皆同じ。
だからみんなで頑張ろう。

今、ベッドで寝ている人たち、
熱が出てたり咳が出ている人たち、
諦めないで頑張ろう。

あなたの回復を待っている人がいるから。
あなたがいないと悲しむ人がいるから。
今はしんどいかもしれないけど、
絶対に希望を捨てないでほしい。

もう私の大事な人は天国にいるからあっちに行きたい、
そんな風に思ってるあなた。
あなたの大事な人はきっと天国で、
私の分も生きてくれ!って思っているはず。

もうこれ以上しんどい思いをするのは嫌だと思っているあなた。
これから先に、楽しいことが絶対にある。
こんなところで終わっちゃったら、もっと嫌でしょ?

そして、元気なあなた。
何ができるか考えよう。
どうしたらこのまま元気でいられるか。

今コロナウイルスにかかったら、
どうなるか考えよう。
これ以上、感染者が増えたら
どうなるか考えよう。

世界中でいろんな問題が起きている。

以前の記事でも書いたけど、
コロナウイルスみたいな新しい病気が流行ることや
地震みたいな天災が起きてしまうことは、
オレたち人間にはどうすることもできない。

しかし、その問題を大きくしてしまうのか、
または被害を最小限に食い止めるのかは人間次第だ。

ここまで酷い状況になってしまったことは
今更どうにもできない。
でも、これ以上酷い状況にしない努力はできるはず。

元気な人たちが、どれだけこの先も
コロナウイルスに感染しないかで状況は変わる。

新しい治療法が確立されたり
特効薬が開発されるのはいつになるのかわからないが、
少なくとも感染者が増加しなければ
医療現場がこれ以上のパニックになることはなくなる。

だから今こそ、体調が良い人はそれを過信せず
体調管理に努めよう。
自分のために、そして大切な人を守るために。

悲しいけど、国のトップは国民のことを考えてない。
何十億円も使ってマスク2枚を国民に配る、
そんなアイデアしか出せないような連中だよ?
だから自分ができることを考えよう。

どうしたら元気になるか。
どうしたらコロナウイルスに感染しないか。
今、自分ができることを頑張ろう。

そして希望を持とう。

今はちょっと厳しいけど、
うまいもの食べにいくんだ!とか、
スポーツするんだ!とか、
好きな人に会いたい!とか、
花見や遊園地、ライブ、旅行に行くんだ!とか、
やりたいことをなんでもいいから考えよう。
絶対にまたできる日が来るから。

だから希望を持って頑張ろう。
自分のために、大切な人のために。
IMGP3338.jpg
やりたいことをやるために!!







ランキングが今2位です!ありがとうございます!!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

卒業生への贈る言葉

先日、自分が勤めている学校で卒業式が行われた。

しかし、例のコロナウイルスの影響で
式を簡略化せざるをえなかったため、
各教室でクラスの担任の先生が
生徒に卒業証書を手渡す形をとっていた。

当然ながら在校生や保護者は参加できなかったし、
そもそもその式でさえ実際やれるかどうか
つい先日まで決まってなかった。

そのくらい、
これまでにはない次元で、
非常事態なんだと思う。

実際の話、下手すりゃ卒業証書が郵送で届くとか、
一緒に高校時代を過ごした同級生と
会えないままで卒業してお別れなんてことが
起こったかもしれない...

そんな風になってたかもしれなかったらこそ、
どんな形であれ卒業証書が担任の先生から手渡されたことは
まだマシだったのかもしれないなぁと個人的には思う。




ところで、式のあった当日、
オレは卒業生に一言おめでとうと言いたくて
学校に行って校舎の出口に立ってた。

今回の卒業生は、彼らが高2の時に
その学年の半数弱がオレの地理の授業を受けてたり、
部活で関わりを持っていた生徒もいたから、
オレのことを知ってる生徒がそれなりにいる。

だからその内の何人かはオレのことを見かけると、
写真を一緒に撮ろう!とか、
お世話になりました〜!とか、声をかけてきた。

そしてさらに数名の生徒とは、
卒業後はどうするの?的な話などをした。

ちなみに...
オレが今勤めているのは
進学校と呼ばれるタイプの学校だ。

そういうとこの生徒だからか、
〇〇大学に合格しました!とか
受験は全滅しちゃったんで浪人します!みたいな話が多かった。

彼らが受験に向けて苦労したり悩んでいる姿を、
学校の中だけじゃなく電車の中や駅のベンチとかで
オレは何度も見かけてたりしてきた。

また、昼休みや放課後、登下校の電車の中とかで、
彼らの相談にのったこともあった。

故に、もし彼らが希望する進路に進めたなら、
良かったね〜!と心底思う。

でも...ちょっと引っかかることがある。

それは、合格がゴールじゃないってことだ。
合格して嬉しい気持ちは当然わかるよ。
でも実際はまだまだこれからだよね?

卒業のめでたい気持ちに水を差すようで気がひけるけど、
黙ってられないから生徒には言ってしまった。
知ってる?『勝って兜の緒を締めよ』っていうことわざ。

それにさ、大学に合格したら何なのさ?
受験に失敗したらダメなのかい?
どこの大学に受かるかよりも、
どんな風にこれから生きるのかの方が大事だよ。

大学に合格することがとても大事なことだと
刷り込まれてきている生徒たちにしてみれば、
こんなことを言うオレは変わり者かもしれない。

生徒たちの多くが恐らく小学生の頃から、
いい大学に入ることが何よりも重要だと
言われ続けて育ってきただろうから、
仕方がない部分も確かにある。

非常に残念だけれども、
彼らはねじ曲がった社会の被害者だとも言える。

だからこそ、気づいてほしい。

高校卒業はゴールじゃないし、
大学合格はゴールじゃない。

人生、山あり谷あり終わりなし。
みんなの未来はみんな次第でどうにでもなる。
長い人生の中で、
高校卒業とか大学合格なんてただの通過点。

特に、どこの大学に受かったかなんてことは
それほど重要じゃない。
そこから先のことの方がよっぽど大事。
大学の名前だけで世間を渡っていけるほど
人生や社会は簡単なものではない。

これからの未来、数十年後、数年後、数ヶ月後、
数週間後、そして明日。
いつどこでどんなことが起きて
何がどうなるかなんて誰にもわからない。

コロナウイルスなんてものが流行するとか、
オリンピックが延期になるとか、
去年の今頃想像できてた人はいるかい?

だからこそ、今を必死に生きてほしい。
誰のためでもなく、自分のために。
常に常に、必死に生きてほしい。
そしたらきっと人生は楽しくなるから。

いつかまた、みんなと会えるといいな。
また笑顔で再会しよう!

卒業おめでとう!!
IMG_20200323_121240_9.jpg




ランキングが今2位です!ありがとうございます!!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする