旅する夫婦ゴロージが発信する
オモシロくてためになる(かもしれない)世界情報!

2021年11月29日

祝!教員免許の更新制度廃止!!でもその裏で見え隠れする大きな問題 その2

前回に引き続き、
教員免許更新制度が廃止になったことについての話です。

昔々、自分が教員を志し
大学で学び教員免許を取得した頃(今から20数年前)、
教員免許の更新制度が存在しなかった。

前回の記事でも書いたが、
世の中には様々な免許が存在し、
運転免許のように更新制度がある免許もあれば
そうでない免許もある。

教員免許は更新制度がなかったが、
10数年前にルールが変わって更新制度が始まった。

ちなみにオレも、
更新の時期が数年前に来たので
研修を受け免許を更新した。

細かいことは忘れたが、
更新をするためには幾つか大学で授業を受け、
レポートなどを提出しなければならなかった。
その授業料は自腹であり、数万円かかった。

教員の仕事を続けるためには免許の更新をする必要がある。
だから研修を受けた。

そしてそれが有意義なものだったら、
めでたしめでたし〜で終わりなんだが、
実際はかなり微妙な内容だったんだよね。

さらに、オレには教員をやってる知り合いが何人もいるけど、
教員免許の更新研修が役に立ったという話は
一度も聞いたことがないんだ。

時間の無駄だったとか、金額に見合わない内容だったとか、
マイナスの意見は聞くけどプラスの話はほぼゼロ。

こんな感じで教員の現場では大不評だった
この教員免許更新制度がついに、
廃止になることが決まった。

ちなみに、教員免許制度が始まってすぐの時点で、
これって意味あるの?という話は
教員同士でしょっちゅう話題になってた。
でも10年以上、更新制度は続けられた。

なぜ???

恐らくそもそものコンセプトが、
教員免許を更新制にするということ自体が
何よりも大事だったからじゃないだろうか。

教員免許更新制度で教員の質をどのように向上させようとか
教育の現場をどのように良くしようとかではなく、
何しろ教員免許を更新制にするということだけを目指してる。

だからこそ、
中身があるとは言えない形だけの研修が山ほどあり、
それを受けなきゃ免許が更新されない仕組みになってた。

また、教員免許を更新制にすることで利益を得る所があるから
それまでなかった更新制度を作ったんじゃないの?と
勘ぐってしまえる状況が多々あった。

例えば教員免許更新のための研修を実施する大学は、
夏休み等の長期休暇の期間に教員向けのカリキュラムを組んでた。

当然だが、休暇の期間は
学生の授業はないから教室は空いてる。
そこに教員が来て研修を受けても全く問題はないし、
大学にしてみれば収入が増えるし、いいことだらけ。

少子化で学生が減って
収入が減少している私立大学にしてみれば、
教員免許更新のための研修っておいしい企画だよね。

あんまり穿った見方をするのは良くないけど、
世の中にはこういうことが多々ある。

残念なことに、
一部の人間や企業が得するカラクリが
山ほど存在するのがこの世の中だ。

世の中の仕組みを変えるのは簡単じゃないけど、
自分たちの周りで何が起こってるのかを良く見ることと
しっかりとした考えを持つことはとっても大事だと思う。

自分たちの大事なものを守れるのは、
あくまでも自分たち。
IMGP4541.jpg
もちろん、刀を持つ必要はない。(笑)

自分たちを守るのは武器ではなく、
目と心だと思う。




ランキングがあと少しで2位です!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月03日

祝!教員免許の更新制度廃止!!でもその裏で見え隠れする大きな問題

先日、警察から手紙が届いた。

ちなみに、
出頭しなさい!とかじゃないよ〜〜〜〜(笑)
IMGP8925.JPG
手紙の内容は運転免許の更新のお知らせだった。
ところで...

世の中には様々な免許がある。
多くの人が所持している一般的な免許としては、
まずは運転免許があるよね。

他にも医師や調理師、危険物取扱者、
レントゲン技師、整備士等々、色々ある。

運転免許も細かく言えば自動車や自動二輪、
特殊、原付とか色々あるし、
運転できる車両の大きさによって大型、
中型(普通)、小型といった分類もある。

それぞれの免許や資格を取るためには、
必要な知識や技能があるかどうかを判別する試験があったり、
運転免許での視力検査みたいに
身体能力的な問題ないかを検査したりする。

これは当たり前のことだ。
なぜなら、各免許を持つ人間が
それ相応の技術や知識及び能力を持っているということを
証明するために必要なものだからだ。

だって運転の仕方や交通ルールを正しく理解してない輩が
路上に出て運転したらとんでもない事故が起こるし、
誰でもかれでもフグを捌いてよかったら大勢死ぬもんね。

そんなことにならないために免許が大切だし、
免許を更新する時に、その資格があるかを検査する必要がある。

わかりやすい例で言えば運転免許。

どんなに運転が上手で交通ルールをしっかり守る人でも、
老化などによる視力の衰えといったことは
運転する上で非常にリスクがあるから、
数年に一度は免許の更新の検査が必要だ。

また、免許の更新時には講習などが実施され、
新しい交通ルールの周知や最新情報の提供がなされる。

ゆえに、免許取って所持し続けるならば、
それに値する技能、知識、能力が必要なわけで
試験や講習を課すことは免許制度において重要だと言える。

しかし、みなさんご存知の通り、
一部の免許には更新制度がない。

例えば、医師免許。
不思議だね〜〜〜〜?

医学の進歩は凄まじい。
これまでになかった病気、新しい治療法、新開発の薬、etc、
医師を取り巻く環境はどんどん昔と変わってきてるのに、
彼らは昔取った免許でずーっと医者をやってられる。

そりゃ〜医療ミスも起こるよな。

だから本来、どんな免許であれ更新制度があって然るべきだし、
更新時の試験や検査及び講習は欠かせないものなはずなんだ。

そういった観点で、昔は更新制度がなかったのに
12年くらい前に新たに設けられた免許があった。

それは教員免許。

ところが先日、
教員免許の更新制度が廃止されることになった。

その理由は…?





話が長くなってきたので、次回に続きます!





ランキングがあと少しで2位です!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月09日

サッカーを巡る大人の事情 その5

この夏、サッカー界で信じられないことが起きた。
その信じられないこととは…

世界的なサッカー選手であり
アルゼンチン代表のエース、リオネル・メッシが、
フランスのパリ・サンジェルマン(以下、PSG)に移籍したのだ。

誰もが知ってる通り、
メッシはスペインの強豪チームであるバルセロナの大スター。
IMGP0205.JPG
彼は13歳でバルセロナの当時の監督に才能を認められ、
家族と共にアルゼンチンからスペインに移住し、
その後17歳でプロデビューを飾った。
何しろず〜〜〜〜っとバルセロナ一筋。

ちなみにバルセロナは世界トップクラスのチームだから、
世界中のトップレベルの選手が所属している。

逆に言うと、そのレベルじゃないと新加入の選手に
ポジションを奪われ、結果を残せない選手は
それまでどんなに活躍しててもお払い箱になってしまう。

そんな世界最強のチームの一つでユースの頃からずっとプレーし、
数え切れないほどのゴールを決め
チームの勝利に貢献してきたメッシという選手を、
バルセロナは放出せざるを得なくなってしまったのだ。

確かに、メッシの給料は非常に高額で、
財政難のバルセロナにとっては悩みの種ではあっただろう。

だがそれを差し引いても、バルセロナはメッシを必要としていた。

メッシがバルセロナに所属していることで得られる収益、
彼がチームにもたらした(かつ、今後も勝ち取るであろう)栄光。
メッシの功績、バルセロナへの貢献は正にプライスレス。
単純な計算でははかりきれない莫大な価値があった。

彼がバルセロナでプレーし続けることを、
メッシ本人、バルセロナの他の選手たちやスタッフ、ファンなど、
多くの人が望んでいた。

しかし、それがいきなり崩れた。

バルセロナが抱える経済的な問題のせいで、
メッシは他のチーム(PSG)に移籍することになってしまった。

いつからバルセロナはそんなチームに、
金銭的に首の回らないチームなってしまったのだろう...?

バルセロナは昔から強かった。
だから、世界中からスーパースターを引っ張ってきたし、
そういうスター選手に高額な給料を支払ってきた。

それでは、チームはどうやってその金を捻出していたのか。

一般的にプロサッカーチームの収入源は試合のチケット代、
ユニフォーム等の売り上げ、リーグやトーナメントの賞金、
そしてスポンサーからの支援などだ。

チームが強ければ人気が出るし、
チケットやユニフォームなどが飛ぶように売れるし利益も上がる。
チームが強ければ勝てるし、それだけ賞金もガッポリ入ってくる。
だからチームを強くするために世界各国の代表やエース級の選手を
強豪と呼ばれるチームは大枚叩いて引き抜いてくる。

だけど良い選手を呼ぶには更に多額の資金が必要だから
スポンサーに頼るわけだ。

ユニフォームの胸の部分にスポンサー企業の名前やロゴ、
企業の製品名などを入れることで収入を得て、
その金をチームの運営費とするのだ。

だから世界中の多くのプロサッカーチームのユニフォームには
スポンサー企業に関連する何かしらの物がデザインされているし、
それは1980年代前半頃から当たり前のことになっている。

だがしかし!
そんな流れの中、2011年まで胸部分に
スポンサー企業名がないチームがあった。
それがバルセロナだった。

これはバルセロナの84年頃のユニフォーム↓
IMGP8637.jpg

92年頃のユニフォーム↓
IMGP7593.jpg

00年頃のユニフォーム↓
IMGP0608.JPG
ずっと胸部分にはチームのエンブレムと
ユニフォームのブランド(NIKEとかKAPPA等)のマークのみ。

バルセロナは超が付くほどの人気チーム。
いくつもの企業がバルセロナのスポンサーに名乗りをあげ、
自分たちの企業名や製品名などをユニフォームに入れようとした。

しかし、バルセロナはチームとしてそれを拒否し続けていた。
何故か?

バルセロナの運営は基本的に、チーム発足当初から一貫して
ソシオ(チームのファンクラブみたいなもの)の
会員が支払う会費で賄われていたからだ。
だからバルセロナのユニフォームには
企業名などがずっと入っていなかった。

もちろん、バルセロナに企業のスポンサーがない訳じゃない。
例えばユニフォームやジャージなどの
ウェアを提供しているのはNIKEだし、
NIKEになる前はKAPPAがスポンサーだった。

ちなみにこれは06年頃のユニフォーム↓
IMGP2357.jpg
細かいことを言うと、この2006年のユニフォームには
胸の部分にUNICEFのロゴが入るが、
これは一般的なスポンサーロゴとは異なっていて
バルセロナの方がUNICEFにお金を出しているので
意味合いが全く違う。

ともかく、バルセロナのユニフォームには2011年まで、
胸の部分にスポンサー企業名はなかった。

そしてこれが2011年頃のユニフォーム↓
IMGP7802.jpg
このユニフォームから企業名が胸に入るようになった。

それまでチームの運営をソシオの会費だけでやってきたのに、
どうして方向転換してしまったのか。

答えは簡単、バルセロナは資金繰りが厳しくなってきていたからだ。

選手や監督の給料、設備費や人件費といった
運営コストなどがどんどん上がるのにも関わらず、
強いチームにするためには更なる大金が必要だ。

ライバルの強豪チームがやっているように、
胸部分にスポンサー名を載せれば莫大な資金が入ってくる…

そしてドツボにはまってしまった。

スポンサー企業からとんでもない額の金が入り、
その金を使い大量の選手をこれまた多額の資金をぶち込んで獲り、
また金が回らなくなるの繰り返し。

その結果、バルセロナの財政は昔よりも更にひどい状況になった。
チームの看板選手であるメッシを放出しなければならない程に...

サッカーだけではないが、
世の中には大人の事情というものが存在する。
今回のメッシ移籍の件は、
サッカーを巡る大人の事情が生み出した悲劇だ。

大人の事情で、メッシ本人や
バルセロナのファンの意向とは全く関係のないところで、
選手やチームの未来が変わってしまう。

サッカーが好きな人間の一人として、
そんなことが続くかないでほしいな〜と心底思う。





ランキングがあと少しで2位です!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!

posted by なおのぶ at 09:09| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

世界中が「戦後」になるにはどうしたらいいのかな

いきなりだけど、
ちばてつやの『あしたのジョー』という
マンガを知ってるかな?

世代によっては、
マンガよりアニメのイメージが強いかもしれない。
特にあの「サンド〜バッグに〜浮かんで〜消え〜る...」という
悲しいメロディーの主題歌、忘れられないね。

オレはこれまで多くのアニメやマンガを見てきたけど、
その中でも『あしたのジョー』はとても印象に残ってる。

知ってる人も多いだろうけど、
あの作品「あしたのジョー」は
ただのボクシングを題材にしたマンガやアニメではない。

とても深いストーリーがある作品なんだ。

ところで...
そんな「あしたのジョー」イベントがスカイツリーで
開かれてたことがあったんだけど、
その時、作者のちばてつや氏が描いた一枚の絵が
展示してあるのを見かけたんだよね。

これがその絵。
IMGP0728.jpg
ジョーが描かれ、
そこには、こんなセリフが書かれていた。



世界中が「戦後」になるにはどうしたらいいのかな



あしたのジョーのストーリーを知ってる人はわかると思うけど、
ジョーは最初からボクサーだったわけではない。

ジョーは、戦後の貧しい時代、東京の下町で、
生きていくために食べるために仲間と共に悪さをし、
その結果警察に捕まり少年院にぶち込まれるような若者だった。

そんなジョーやその仲間の姿や東京の下町の様子は、
作者が幼少期に過ごした戦後の東京墨田区や
そこで暮らしていた自分達自身の姿が投影されているという。

1945年8月15日、
第二次世界大戦は終わった。

戦争中、食料や物資がなく、
また空襲が何度もあり、
多くの人が辛く苦しい思いをした。

戦争が終わって空襲はなくなったが
食料や物資の不足は続いた。

作者のちばてつや氏は、そういう時代に
幼少期を東京の下町で過ごした訳だから、
その要素が彼の作品に染み出してくるのは当然だと思う。

『あしたのジョー』の中には戦争のシーンは出てこない。
でも戦争があったせいで、
戦争中だけじゃなくて戦争が終わった後も
多くの人が大変な思いをしたんだということは見えてくる。

戦争は多くの人の幸せを奪い、不幸のどん底に突き落とす。

そして一度戦争が起きてしまったら、
多くの尊い命が失われる。
そしてたとえ戦争が終わっても、
人々の暮らしは簡単には元どおりにはならない。

戦争が終わって76年が過ぎた。
日本はその後どうなったか。
それは皆さんが知ってる通りだ。

日本は奇跡的な復興を遂げ、
物は溢れ、食べ物に困り餓死するような人は
ほとんどいなくなった。

8月15日は日本にとって特別な日だ。

この日を境に、
日本は戦争をしていない。
それは事実だ。

しかし、日本が戦争をしていないからといって、
世界が平和な状態なのかというと、それは違う。

日本にとって「戦後」とは1945年8月15日以降を指す。
しかし、他の国や地域では異なるし、
世界には未だに「戦後」ではない地域が存在する。

非常に残念ながら、現在も世界の何処かで
戦火にさらされてる人たちがいる。
しかもその火は、一つや二つじゃない。

冒頭の絵の中で、
ジョーが言ってるセリフは非常に深い。

1945年8月15日は過去に目を向け、
平和の重要性や戦争の恐ろしさを再確認すべき日だとは思う。

しかし、それに加えて、
日本の外に目を向け世界で起きている争いを
止めるにはどうしたらいいかを考えるべきだとオレは思う。






ランキングがあと少しで2位です!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!

posted by なおのぶ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月09日

首相の失態の数々からオレたち日本人が真剣に考えなくちゃいけないこと

8月6日、広島の平和記念式典が行われた。
その式典の中で菅首相が、
挨拶文の一部を読み飛ばしたことが話題になっている。

国のリーダーたる人間がそんな間違いをするなんて、
全く信じられないことだ。
でも、これは事実だ。

おそらく、この挨拶文は首相が自ら考えたものではない。
だから読み飛ばしても気付かない。

さらに言えば、この式典の重要性を理解していないから
原稿の紙を前もってチェックするとか
内容に目を通しておく的なことをせず、
その結果本番で原稿がノリでくっついることに気づかずに
1ページ分を読み飛ばすなんてことが起こったんだろう。

そもそも、内容を噛み締めながら文を読んでりゃ
読んでる最中で「あれ?おかしいな?」って気づくはず。
要するに首相は何も考えずに、ただ文章を音読してただけだ。

1万歩譲って、人間なんだから
間違いや失敗はあっても仕方がないとも思う。
でも、絶対に間違ったらいけないことってのがある。

ましてや一国の首相という仕事。
仕事の重要性がそんじょそこらの仕事とは次元が違う。

そして今日、8月9日。
なんと菅首相は長崎の式典に遅刻した。
1分くらいの遅刻。でも遅刻は遅刻だ。

広島でやらかしたすぐ後で、
(これまた信じられないことだが)
長崎でもやらかした。

菅首相にとっては広島も長崎も重要じゃないんだろうな。
大事じゃないから適当にやってるんだろう。

一般的な会社とかで
社員がこんな適当なことをやってたらどうなる?
ソッコーでクビ、もしくは格下げ配置換えだ。

でも菅首相は動じない。
反省のかけらもない。

国の最も重要なポストの一つにいる人間が、
ありえないくらい適当な人間であるこの現状。
非常にまずいと思う。

でもこれは、菅首相に始まったことじゃない。
安倍元首相も大して変わらない。



では何故、こんな人間が首相のポジションにいるのか。



それは国民が、
そんな人間を選挙で投票してきたからだ。
そういう人間がいる政党を支持してきたからだ。

さすがに多くの人が気づいたはずだ。
国民が選んだダメな政治家たちによって
日本はどんどん悪い方向に進んでしまっている。
今の日本は問題だらけだ。

オレたち国民は真剣に考えるべきだ。

日本という国のために。
自分たちの未来のために。
IMGP4612.JPG




ランキングがあと少しで2位です!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 22:22| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする