旅する夫婦ゴロージが発信する
オモシロくてためになる(かもしれない)世界情報!

2020年03月26日

卒業生への贈る言葉

先日、自分が勤めている学校で卒業式が行われた。

しかし、例のコロナウイルスの影響で
式を簡略化せざるをえなかったため、
各教室でクラスの担任の先生が
生徒に卒業証書を手渡す形をとっていた。

当然ながら在校生や保護者は参加できなかったし、
そもそもその式でさえ実際やれるかどうか
つい先日まで決まってなかった。

そのくらい、
これまでにはない次元で、
非常事態なんだと思う。

実際の話、下手すりゃ卒業証書が郵送で届くとか、
一緒に高校時代を過ごした同級生と
会えないままで卒業してお別れなんてことが
起こったかもしれない...

そんな風になってたかもしれなかったらこそ、
どんな形であれ卒業証書が担任の先生から手渡されたことは
まだマシだったのかもしれないなぁと個人的には思う。




ところで、式のあった当日、
オレは卒業生に一言おめでとうと言いたくて
学校に行って校舎の出口に立ってた。

今回の卒業生は、彼らが高2の時に
その学年の半数弱がオレの地理の授業を受けてたり、
部活で関わりを持っていた生徒もいたから、
オレのことを知ってる生徒がそれなりにいる。

だからその内の何人かはオレのことを見かけると、
写真を一緒に撮ろう!とか、
お世話になりました〜!とか、声をかけてきた。

そしてさらに数名の生徒とは、
卒業後はどうするの?的な話などをした。

ちなみに...
オレが今勤めているのは
進学校と呼ばれるタイプの学校だ。

そういうとこの生徒だからか、
〇〇大学に合格しました!とか
受験は全滅しちゃったんで浪人します!みたいな話が多かった。

彼らが受験に向けて苦労したり悩んでいる姿を、
学校の中だけじゃなく電車の中や駅のベンチとかで
オレは何度も見かけてたりしてきた。

また、昼休みや放課後、登下校の電車の中とかで、
彼らの相談にのったこともあった。

故に、もし彼らが希望する進路に進めたなら、
良かったね〜!と心底思う。

でも...ちょっと引っかかることがある。

それは、合格がゴールじゃないってことだ。
合格して嬉しい気持ちは当然わかるよ。
でも実際はまだまだこれからだよね?

卒業のめでたい気持ちに水を差すようで気がひけるけど、
黙ってられないから生徒には言ってしまった。
知ってる?『勝って兜の緒を締めよ』っていうことわざ。

それにさ、大学に合格したら何なのさ?
受験に失敗したらダメなのかい?
どこの大学に受かるかよりも、
どんな風にこれから生きるのかの方が大事だよ。

大学に合格することがとても大事なことだと
刷り込まれてきている生徒たちにしてみれば、
こんなことを言うオレは変わり者かもしれない。

生徒たちの多くが恐らく小学生の頃から、
いい大学に入ることが何よりも重要だと
言われ続けて育ってきただろうから、
仕方がない部分も確かにある。

非常に残念だけれども、
彼らはねじ曲がった社会の被害者だとも言える。

だからこそ、気づいてほしい。

高校卒業はゴールじゃないし、
大学合格はゴールじゃない。

人生、山あり谷あり終わりなし。
みんなの未来はみんな次第でどうにでもなる。
長い人生の中で、
高校卒業とか大学合格なんてただの通過点。

特に、どこの大学に受かったかなんてことは
それほど重要じゃない。
そこから先のことの方がよっぽど大事。
大学の名前だけで世間を渡っていけるほど
人生や社会は簡単なものではない。

これからの未来、数十年後、数年後、数ヶ月後、
数週間後、そして明日。
いつどこでどんなことが起きて
何がどうなるかなんて誰にもわからない。

コロナウイルスなんてものが流行するとか、
オリンピックが延期になるとか、
去年の今頃想像できてた人はいるかい?

だからこそ、今を必死に生きてほしい。
誰のためでもなく、自分のために。
常に常に、必死に生きてほしい。
そしたらきっと人生は楽しくなるから。

いつかまた、みんなと会えるといいな。
また笑顔で再会しよう!

卒業おめでとう!!
IMG_20200323_121240_9.jpg




ランキングが今2位です!ありがとうございます!!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

この状況でどうやってオリンピックをやれるの?

コロナウイルスが流行している状況の中、
さまざなことが自粛&中止になる中、
日本の政府のトップはまだ
オリンピックを開催する方向で考えてる。

おいおい、
学校を休校になっているのに、
卒業式さえやれてない学校があるのに、
春の甲子園が中止になっているのに、
どうやってオリンピックをやるんだ?

政府はオリンピックをやれるということを示すため、
東京都におけるコロナウイルス感染者数が
あまり増加してないように見せかけることに必死になってる。

そんなカラクリなんて
国民の多くがすでにわかっているというのに、
相変わらず日本の政府はこの夏にオリンピックをやる気だ。

みなさんご存知の通り、
世界中でコロナウイルスの感染者が増えている。
その影響でヨーロッパのスポーツ大会や試合は、
ほとんど中止や延期になっている。

例えばサッカー。
各国のプロリーグはシーズン途中で中断し、
2020年6月に開催される予定だったヨーロッパ選手権は
来年に開催することをすでに決めた。

他にも、オリンピックに出場する国や選手を決めるはずだった
各地の試合や競技会がやれていない。
ようはオリンピックに出るための予選が終わってない
競技がまだまだあるのだ。

そんな状況で、どうやってオリンピックを開くんだ?
コロナウイルスの対策ができていない中、
日本にオリンピックを見に来る人がどれだけいるんだ?
誰がこんな日本で行われるオリンピックに出場したいんだ?

オレ個人としては、スポーツを見るのもやるのも大好きだ。
自分が生まれ育ったこの東京でオリンピックが開かれ、
それを間近で感じられることなんて
滅多にできる経験じゃないだろうから、
オレはとても楽しみにしてた。

でもこんな状況じゃ楽しめないよ。
少なくともオレは。
だって問題が山済みじゃん?

こんな言い方をしたら、お前のために
オリンピックを開くわけじゃないって言われそうだ。

でもさ...
じゃあ誰のためにオリンピックをやるんだ?
選手のため?開催都市のため?
日本のため?スポンサー企業のため?

それとも政府の誰かのため??

この先、
オリンピックが開催されるのか。
それとも延期なのか中止なのか、
オレにはわからない。

ただ、一部の政府の人間のエゴのために
オリンピックが開催されるなんてことだけは、
絶対に起こってほしくない。

しかしその反面、
彼らの思う通り実施されちゃいそうで心配だ。

もし本当にオリンピックが予定通り
2020年の夏に開催されたら、
日本という国がどれだけ国民主体ではなく、
かつ、一部の人間(特に政府の人間)に
国民が振り回されているかをオレたちは認識するべきだ。

そしてこのままで本当にいいのか、
よく考えるべきだ。

なぜなら、政府の中で
国の方向性を決めている人間を選んでいるのは
オレたち国民だからだ。

今、世界で起きていることはとても大変なことだけど、
オレたちは目の前で起きていることに
ちゃんと向き合ういい機会かもしれない。
IMGP6045.JPG



ランキングが今2位です!ありがとうございます!!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

天災はどうにもできないが、人災はどうにかできる

2011年3月11日、
東日本大震災があった。
IMGP0085.jpg
桁違いの地震、そして津波。
人間が作ったものを、自然はいとも簡単に破壊した。
IMGP0067.jpg
非常に残念だし、とても酷いことだが、
想定していた規模をはるかに上回る
地震や津波などの天災は誰にもどうすることも出来ない。

けれども、それに付随して起こってしまった
福島の原発事故及び現在も続く原発の後処理に関する問題は、
本当ならある程度はどうにか出来たことが
人間の判断ミスで被害が拡大してしまった人災だとオレは思う。

天災も人災も、
人間に大きな被害をもたらすという意味では同じだ。

しかし、天災は人間の力じゃどうしようもないが
人災は人間次第で被害を大きくも小さくも出来るという面で、
全然違うものだ。

そして今、
コロナウイルスが流行している。

歴史を遡れば、
新しい疫病の猛威によって人間が大きな痛手を被ったことは、
これまでに何度も何度もあった。

新しいウイルスっていうものが生まれてしまうことは
誰がどうやっても想定できないことだから、
それによってある程度の被害が出てしまうことは回避できない。
故に、新しいウイルスは天災と同じようなものだ。

だがしかし、
その被害を最小限に食い止めることは
人間次第でどうにでもできるんじゃないだろうか。

逆に言えば、
現在のコロナウイルスが全くおさまる気配が見えないのは
人間のせいではないのだろうか。

コロナウイルスというものが
何かをきっかけで世の中に出てきてしまったことは、
誰にもどうにもできない天災だ。

しかし、それが広まってしまったことが引き金になって、
トイレットペーパーやマスクがないだの
人々がピリピリしたりウイルスに怯えたり、
経済が不安定になったりしているのは、明らかに人災だと思う。

原発もコロナウイルスも、
人間が判断をミスったおかげで
問題がどんどん大きくなってきている。

これらの問題は、
この先どんな風に進んでいくのだろう。




ところで...
コロナウイルスや原発の問題の対策を講じているのは誰?


それは政府の人間だ。

もちろん、政府で政治をしているのもただの人間。
人間は完璧な生き物じゃないから、
時には判断ミスもしてしまうこともあるだろう。

でも、それを修正できるのも人間なはずだよね?
じゃあ何で、修正できないんだろう?
もしかして修正しようと思っていない?実はワザと?

こればっかりは本当のことはよくわからない。

肝心なのは、
政府の人間が判断ミスをし問題がより大きくなり、
さらに判断ミスを重ねたために
問題が全く収束に向かっていないという現状だ。

政府がやっていることや現在起きている問題の本質に、
周りで見ている人間は気付かなくちゃいけないし、
自分たちが選んだ人間によって構成された政府が
何をしているのかをよく見て、よく考えなければならない。

そして我々は、
自分たちの未来を託せる人間を選ぶ必要があると心底思う。

天災が起きてしまったこと、
これから天災が起きてしまうことは仕方がない。

しかし天災がきっかけで人災も起こしてしまう人間ではなく、
人災を最小限に食い止めることができる人間を
我々は選べるようになる必要がある。


ランキングが今2位です!ありがとうございます!!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!

posted by なおのぶ at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

イタリア土産に困ったらこれを買うべし! その6

今、コロナウイルスに世界中が慄いてる。

中国、日本、イタリア...
もちろんこれ以外にも色んな国で
コロナウイルスの感染が広がり、
何でもかんでも自粛ムードが半端ない。

でも個人的にはイタリアに行きたい。

なぜ?
美味しいものがいっぱいあるから。

不謹慎だと言われるかもしれないが、
イタリアの食材は本当に美味くて、奥が深い。
現地に行かなきゃ食べれないものや
日本には入ってこない食材が山ほどある。

日本国内のデパートやEATALYに行けば買えるよ!って
思ってる人もいるかもしれないけど、
イタリアで売ってる食材と日本で買える食材は
たとえ同じ名前でも全く違う。

だから、イタリアに行った人が
お土産に困った時のためのオススメを、
これまで何度もこのブログで取り上げてきた。



そして第6弾となる今回のオススメは
パルミジャーノ・レッジャーノ!!

パルミジャーノ・レッジャーノとは、産地である
パルマやレッジョ・エミリアといった街の名前に由来する
イタリアが世界に誇るハードタイプのチーズの代表格。

でも今回オレが紹介したいのは
ただのパルミジャーノ・レッジャーノではない。
IMGP5632.jpg
まずはこの色の違いわかるかな?
左の方は白くて、右は黄色っぽいよね?

これ、両方ともパルミジャーノ。でもね...
色が同じじゃないことからもわかるように、
実は味の深みが全然違うんだよね〜!!

ではどうして同じパルミジャーノ・レッジャーノなのに、
色がこんなに違うのか?

答えは...
牛の種類が違うから!

白いチーズは一般的な乳牛の種類である
ホルスタインから搾乳されたチーズであり、
黄色い方はレッジャーナという赤牛の乳を使ったものだ。

イタリアでは元々、数百年も前から
レッジャーナ(赤牛)の乳でチーズが作られてきた。

ちなみに、イタリアには14万頭もの赤牛がいたそうだ。
しかし乳量の多いホルスタインがイタリアに
導入されるようになると、レッジャーナは激減し、
今から約40年前にはたったの450頭になってしまったそうな。

これはまずい!と思った人々が赤牛を保護し、
現在は3000頭まで回復したものの、
ホルスタインが多い現状は変わっていない。

故に一般的なパルミジャーノ・レッジャーノは
ホルスタインの乳で作られており、
赤牛の乳で作られたものは非常に貴重なんだよね。

そしてここからがめっちゃ大事。
赤牛はホルスタインと比較すると
乳量が少ないものの乳の栄養バランスが良く、
パルミジャーノ・レッジャーノに適しているんだって。

これはね〜
食べ比べてみないとわからない。(笑)
でも食べればわかる。絶対に。

ただでさえ赤牛のパルミジャーノ・レッジャーノは
めっちゃ希少だから、もしかしたらイタリアでも
中々見つけられないかもしれない。

だからこそ、もし見かけた時には買ってみてほしいし、
食べてみてほしいしな〜と思うんだよね。

そんな赤牛のパルミジャーノ・レッジャーノだからこそ、
お土産には絶対にオススメ!

みんなよく覚えてね。
赤牛はイタリア語でVACCHE ROSSEだよ〜!
IMGP5616.jpg
赤いラベルの方にVACCHE ROSSEって書いてあるよね!

白いラベルの方はVACCHE BRUNEだよね。
こっちがホルスタインで作ったもの。

別にこの会社のものじゃなくてもいいから、
VACCHE ROSSEとVACCHE BRUNEの
両方を見つけた時は食べ比べてみてね〜〜〜!!





ランキングが今2位です!ありがとうございます!!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 10:10| Comment(0) | 食べ物の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

これ何だ?

最近、あんまり楽しい話題が少ない。

コロナウイルスは確かに大きな問題だとは思うが、
それにしてもみんな過剰にピリピリしてる気がする。

だからこそ、
ちょっと和んでもらいたい。

これは先日買った野菜。
IMG_20181022_183803.jpg
誰が見てもこの野菜は長ネギだと思うんだが...

これは白菜らしい。
IMG_20181104_172434.jpg
はくさい カット(+3)???

謎だ...






ランキングが今2位です!ありがとうございます!!
ここを↓クリックで応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 旅行の豆知識
 

世界を旅する!食いしんぼう夫婦の旅日記

食いしんぼう夫婦の食べある記もあるよ!
posted by なおのぶ at 03:03| Comment(0) | 面白いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする